スポンサーリンク

銀河英雄伝説解説動画第2回 ロイエンタールはなぜ新領土総督に任じられたのか? 霊夢&魔理沙

動画

銀河英雄伝説解説動画第2回 ロイエンタールはなぜ新領土総督に任じられたのか? 霊夢&魔理沙

動画はこちら

【動画】靴紐の結び方色々!ずっと見てられるわ…
【動画】滑らかな回転ムーンウォークの方法をコマ送りで。分かりやすい!!
【銀河英雄伝説】ローゼンリッター|史上最強の歩兵連隊|ワルター・フォン・シェーンコップ|第13艦隊|ヤン・ウェンリー|薔薇の騎士団|銀河英雄伝説 Die Neue These解説|ノイエ銀英伝
【画像】なんて美しい…ハスキーxダルメシアンのミックス犬 画像他にも
【動画】10秒で笑える「トンカチで指打った時」ww一口ネタムービー

みんなの反応

: ひよコスモちゃん

キルヒアイスが生きていれば、上手くこのいさかいを治めてくれたと思う。

: ひよコスモちゃん

黙れ!下衆!のセリフが銀河一似合う提督😂

: ひよコスモちゃん

ロイエンタール元帥は、その複雑な生い立ちとか影のある人物で、帝国諸将の中でも1番印象に残っています。

: ひよコスモちゃん

銀英伝ファン歴30年。貴チャンネルを見つけて嬉しいです。

ロイエンタールが野心家である事は、ラインハルトなりに見抜いていたと思います。それを承知していながら、なぜ敢えて大きな権力をロイエンタールに与えてたか。それは、ヤンの暗殺を聞いた時に独白した「予には敵が必要なのだ」が答えだと思います。

誰しも、何かを得続けなければ生きられないように、ラインハルトは戦いという養分を得続けなければ死んでしまう。そういう為人だったのでしょう。実際、それを具現化したものが皇帝病だと言えます。

: ひよコスモちゃん

ロイエンタール反乱が描かれる原作第9巻では、ミッターマイヤーとロイエンタールがラインハルトにとって単なる部下ではなく、大切な戦友であることが何度か語られています。
戦友だからというラインハルトの割り切れなさと、ラインハルトと戦いたいロイエンタールの屈折した敬意が、最悪の形ですれ違って悲惨な結果をもたらしたと思えます。

: ひよコスモちゃん

解説にすごく感心しました。
当時、OVAを何周も観まくったが、こういう政治的な思惑が深層心理に働いていたなんて全く考えつかなかったし、気付けなかった。
これは銀河英雄伝説解説動画界のZ会!
いや、俺が子供の頃は、Z会やってる奴がいたら、それだけで、スゲーこいつZ会やっとるー、となったんよ。

: ひよコスモちゃん

最初
アニメ見たとき
ベルゲングリューンの死に涙した
最近
上島竜兵氏の死に際し
同じ種類の涙がこぼれた

: ひよコスモちゃん

ラインハルトって結局個人的能力とカリスマによって成り上がった存在であり、その意味ではルドルフと変わらない部分もある。
ただルドルフは軍事は取っ掛かりにした政治活動によって成り上がった偉人であり、その意味でより多く自在に軍政両面を恣に出来た。
ラインハルトは個人(は語弊があるが)の軍閥で銀河帝国を乗っ取った軍部の人で、ラインハルトやロイエンタール、そうしてオーベルシュタインですらまだ少壮気鋭と呼ばれる年齢に過ぎない。
この動画内でも本篇でも言われているとおり、弱年から所属していた軍部に人を得る事は出来ても、政治に関して人を得る、以上に必要十分な人を教育・配置する時間が圧倒的に足らなかった。

オーベルシュタインにした所で、強権的にでも体制を整えなければ瓦解すると焦っていた風にも思え、ラインハルトの皇帝になるまではともかく、安定した政権を永続するには強面(軍人)であったようにも思う。

ロイエンタールって能力的に弱点がない人なのに、内面には大小弱点を抱えた史上の英雄としては興味深い人物なので掬われない足下を掬われてしまったようにも見えました。

皇帝ラインハルト旗下のなかで、オーベルシュタインのライバルと言えばロイエンタールとミッターマイヤーだけれど、軍人気質であるミッターマイヤーはともかくロイエンタールだって弱年以上に抱えている部下が軍人ばっか。個人の有能さ以前に抱えているスタッフに駒が足らない。

本来ならマリーンドルフ伯辺りが一座の最年長としてどっしり構えてオーベルシュタインを掣肘出来ていたら盤石だったでしょう。

ただ有能無能以前にそうした資質は皆無だったし、娘のヒルダは資質は十分でもオーベルシュタイン以上に若い。さらに言えば帝国貴族としても上位にいても主流派ではないので政治的派閥も急造でノウハウのある部下も多くはなかったでしょう。

派閥のない皇帝に意見できる立場としてのオーベルシュタインは有能だけれど、対抗馬と目される人物もいなかった。
本篇中のヒルダの独白の通りヤンのような人物がその地位に就いたなら、ロイエンタールやミッターマイヤー以下の軍出身者が政治の方面で熟成出来たかもですが、ラインハルトやオーベルシュタインのような若く攻撃力のある人物だからこそ瞬く間に帝国を乗っ取れたのでバランスの問題ですね。

: ひよコスモちゃん

ルッツ、べルゲングリューンが
死んだのがもったいない。

: ひよコスモちゃん

面白い。シリーズ3つほど見てチャンネル登録しました。
「既得権益派」や「統治機構派」等の派閥抗争の存在を想定して、原作には記述出来ない微妙な人間関係を推測するという視点が気に入りました。

: ひよコスモちゃん

キルヒアイスが生きていてもノイエラント総督に彼を選出する流れになりそうだなぁ

: ひよコスモちゃん

ここの人事、どうすればあの結末を回避できたかということを考えると
A案・・・ロイエンタールを宇宙艦隊司令長官、ミッターマイヤーを新領土総督。
適性だけを考えると史実のほうがしっくりくるけど

B案・・・グリルパルツァーとクナップシュタインのどちらかを、他の上級大将と入れ替える。
元帥の下に大将が三名で序列が微妙だったところを上級大将を入れればバランス的に落ち着きそう。

: ひよコスモちゃん

もしキルヒアイスが生きていたら彼がこの任についていて後のロイエンタール反逆事件も起きなかったんだろうか?

: ひよコスモちゃん

4:19
勝手に台詞捏造した直後にこの絵面
こんなん絶対に笑うわ

: ひよコスモちゃん

英雄個々人の友誼や愛憎で膨大な犠牲が出るってことね。民主主義の重要さを実感するな

: ひよコスモちゃん

ロイエンタールはヤン以上に才能と性格と行動の不一致が激しい。
政・軍どちらもバランス型全特化(あるいはラインハルト以上)なのに志向は乱世を望み。
女性蔑視・愛情否定、荒れた私生活なのに夫婦円満のミッターマイヤーと馬が合う、幸せな家庭生活を否定しない。憧れているような面も感じる。
作中ではかなわなかったが、ヤンに何らかのシンパシーを感じ会談したかった様に見える。ぜひ視聴者としても見て見たかった。

: ひよコスモちゃん

ユリアンも言ってます。「2代目辺りなら、帝国の改革と発展を成しただろう!」と。
まだ、独身だったラインハルトが、ロイエンタールが上手くやったら、「帝位が欲しいなら、くれてやるよ!」と、言ってたかもね!

: ひよコスモちゃん

ヤンやキルヒアイスが亡くなった時は泣かないのに、ロイエンタールが死ぬ時は何故か何回観ても目頭が熱くなってしまう。

: ひよコスモちゃん

ラインハルトが、力がある奴かかって来い!と言っていた。ラインハルトは潜在的に、自分の敵を求めていた、無意識にロイエンタールに二心を起こすような強大な権力を与えたのでは?

: ひよコスモちゃん

一番いいのは文官が総督に着くことなんだがそんな人材がいなかったからね。

: ひよコスモちゃん

ロイエンタールは・・・「声がいい」に尽きるな

: ひよコスモちゃん

ロイエンタールは漁色家だが、告白は女性の方から、別れる時も女性の方からだからそんなに恨まれてない、みたいな感じだったと思うが。

: ひよコスモちゃん

ジークフリード・キルヒアイスが生きていれば、か…

: ひよコスモちゃん

ラインハルト 「あの夜(ミッターマイヤーの件)を覚えているか?」
ロイエンタール「あの夜(リヒテンラーデ公逮捕後の『自分を倒す自信があるならいつでも来い』)のことは忘れたことはありません」

だったりして…(あれが夜だったかどうかは記憶が定かじゃないですが)

: ひよコスモちゃん

ラインハルトって闘うことを求めているように感じる賭けのような危うい選択を幾度となく重ねているように思います。
そして闘っているときが一番楽しそうに描かれています。

: ひよコスモちゃん

ロイエンタール元帥人生最後の1日の回は
久しぶりにアニメで漢涙流したわ・・・

: ひよコスモちゃん

10:51 ワーレンは義手の半分が吹き飛ぶ描写がありますが、肉体に損傷を受けた描写がなかったので、負傷はしてないんじゃないですかね?その義手も、地球侵攻作戦の際に部下に紛れた地球教徒の凶刃によるものであって、今回の件には無関係ですし。

: ひよコスモちゃん

ラインハルトには敵が必要だった。
キルヒアイスが亡くなった時の一声が。

: ひよコスモちゃん

ラインハルトは軍事や策略家としては優れていたが人事とか内政は・・・。

: ひよコスモちゃん

10:52のワーレン負傷ってありますが、元から義手ですよ

コメント

タイトルとURLをコピーしました